2014年11月28日

繋ぐ…

ありがたい事に新規のお客さんが大幅に
増えた。

中々休みが取れない状況が続く…

気が付くと体重が30キロ程減った…

二十年ぶり位に腹が割れた。

道を歩くと誰もが振り返るイケメンの出来上がり…

まぁ、下らない嘘はこれ位に(笑)

そんな中、今年最後の工事が先日無事完了。

外構屋さんとの絡みでの植栽工事。

最初に打ち合わせはした時に既存樹木の生育の悪さが話題にでた。

改良案を出していざ掘ってみると、状態は予想以上…

AF692073-7951-4B6B-AD5D-4B48F81F308F.jpg

実は以前近くで工事した時にもこんな状況で、その時に頭を悩ませ解決案を出した。

そんな経験が今回も役にたった。

土壌自体が全体的にカナリ悪く、施工業者のプライドを問いたくなる状況だったけど…

土は全部入れ替えるという選択肢は選ばず、経験からの土壌改良と客土で。

全て入れ替える事は勿論悪い選択肢では無いけれど…

経験を活かして自分のアタマで考える方法で…

今回は最初に現場を下見した時に目に入ったのは近くの森だった。
AB02D0D4-018B-4921-8892-533F8CBC2652.jpg
その森を繋げて行きたいなと。

その為の材料はタイミング良く同業の仲間の繋がりで確保できた。

そして、依頼を受けた外構屋さんを紹介してくれたのはガキの頃からの仲間だった。

積み重ねた経験と知識で繋がりを繋げていく…

06588476-8DBB-4F7A-883A-6A6457CBC7C4.jpg

F5D01B43-EDC9-42CB-8907-85C2C0448902.jpg4E319795-7278-47BC-86AD-D76F17803498.jpg3774AB47-ECED-4631-916A-0B5C053F4EAD.jpg

施主さんも大変喜んで下さり、いい工事収めになったかなと。

そして今日から中断していた年末の手入れを再開。

多分痩せる事は無いと思うけど(笑)

ヒトニワヒトニワ大事に…

頑張っていきませう︎



posted by 千葉の at 21:00| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

庭の手入れ・・・

仕事を終えて自宅に帰宅すると小包が・・・

2014-11-07 18.03.32.jpg

手入れに伺ってにいるお客さんが庭で採れた柿と蜜柑を送ってきてくださった。

おくちにあいますかどうか?と書かれた手紙を添えて。

去年伺った時に美味しいと聞かされて私が食べてみたいなと言ったのを覚えていてくださったのだろう。

感激しながら、家族一同で美味しく頂いています。お客さんのご自宅の庭への想いを感じながら・・・

庭の手入れにおいては、自分の創った庭だけでなく手入れだけ伺わせて頂いているお宅も多い。

自分の創った庭でなくとも正直、いいなと感じる庭もあれば何故?と感じる庭もある。

お客さんの方からご相談があればこうすればよいのではというような御提案はさせていただくことも多い。

それでも・・・

先日手入れに伺ったのは仕立物に囲まれた庭。ちょっと圧迫感が強かった。

一服時にお客さんから。

最近はこういう樹は余り植えないでしょ?

なんて話が・・・

狭い庭なのにこんな樹ばかり植えちゃったのよと

それでもね、こんだけ一緒にいるとなんだか愛着が沸いちゃってね、だから手入れに入ってもらった後は

凄く嬉しいの、来年もよろしくね。とありがたい言葉を頂いた。

別のお宅では、家を建ててそうそう樹を植えなきゃと想って無計画に樹を植えてしまった。と

それでもご主人が海外赴任されていた間は私が切っていたのよ。と

だからなんか愛着があるのよね・・・と。

場合によっては相談を受け今ある樹を抜いて創り直す事もあるけれども・・・

うちの場合は樹を抜くときお酒と塩でお客さんと共にお清めというかお別れの儀式をするんですが、

殆どのお客さんが今までありがとうという言葉が自然に口に出る。

当たり前の話だけれど樹木は生き物だからお客さんと共にその庭で時を刻むんだなと。

今後新たに庭を創る時も忘れちゃいけない事だなと強く感じる。

不便さや目的があるときはともかく、お客さんと共に時を刻んだ庭はその場に必要なんだなと。

形としての良し悪しだけでは判断できない何かがそこに在るのだろうと。

先日は管理の問題でお客さんが残すかどうか迷っていた樹木を管理の技術で残すことが出来、お客さんにも

喜んでいただけた。

こういう技術も大事にしないとなと。

今日からご近所のお宅へ・・・

また今年もこの風景に出会えた。

2014-11-07 15.31.34.jpg

その庭、その庭にお客さんの庭と共に刻んできた時があり思いがある。

樹を切りにいくだけではない、手入れしに行くだけでもない・・・

お客さんと共に時を刻んだ庭を手入れしにいくということ。

そして人と人の間に庭があるということ、忘れないように・・・


posted by 千葉の at 21:29| 千葉 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

帰郷・・・

少しづつ、暮の手入れがスタート・・・

改めて木々と向き合う時間です。

新規のお客さんのお宅からスタートして・・・

先週末から地元へ。

帰郷といっても車で30分弱なんですが(笑)

仲間が多くすんでいた地区に。

家もソウダケド殆どの仲間は地元から離れてしまってるのでなかなか立ち寄らない地域。

昔は毎日のように遊びに来てたのに、なんだか不思議なもんだ。

今シーズン初の松の手入れから始まって。

2014-11-02 12.41.23.jpg

こんな手になりながら年配のお客さんと色んな話を・・・

2014-11-02 12.45.07.jpg

昔話ではなんだか若い頃の余計な話をしてしまったり(笑)

一年ぶりにあうお客さんの元気な姿を見るのも手入れの楽しみの一つです。

昼休みには近所を散策。

昔からある物。変わってしまった物。色々あるけれどやっぱ地元には愛着があるなと。

今日は昼の間に車でちょっと移動して懐かしい場所へ・・・

2014-11-05 12.21.44.jpg

なにがあるわけでもないんだけど、当時の頃を思い出しながら弁当をこちらで・・・

当時の俺が今の俺を見たらどう思うんだろうか?なんてふと思ってしまった(笑)

まあこれからも自身に恥じない生き方を・・・

なんだかとてもノスタルジックになってしまう時間でしたね。

気がつけばもう11月。

日も短くなりせわしなくなってきた。

一日一日を大事に暮れに向かって進んで行こうと思う。







posted by 千葉の at 21:52| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。